« 公開録画を見てきた | トップページ | 読譜が読書に入らない件 »

2014年11月22日 (土)

読書などで強張った体を緩めてます

ああ、先月の読書まとめ書いてなかった。
毎月ちゃんと書くのも面倒だから、もういっか・・・ (どんだけテキトーなんだ)

前回の読書日記からいったい何を読んだのか。

まずこれ。前に1巻目を読んでたので続きを読んだ。

   

4巻まで続き物だが、2巻で執筆が一度終わっているため、1・2巻と3・4巻で視点が変わっている。
今回の日記の中では一番おもしろく読めた。
読んでる途中で、作者がアンデルセン賞受賞者だと知った。
児童書は読みやすいし、他の本も読んでみようかな。

姉に「読んだのか?」と聞いたら翌日「ほれほれ」と置いていった(無理貸し)のがこれ。

読んだ事無いと思っていたけど、読み出したら読んだ事あったのを思い出し、ついでに前回も同じように無理貸しされた本だったのを思い出した。
最終章が追加された事で言いたい事が想像しやすくなっている。(前回はよく解らなかったのは若かったせいもあるけど)

ここまでが先月読んだ分。以下は今月これまでの分。これまでって・・・ もう1週間ほどで今月終わりですが。

ラングドンシリーズが好きなので他のも読んでみようと、読んだのがこれ。

 

個人的に・・・ あまり面白くなかった。政治が主体の話はいまいち楽しくない。

以下は読んだうちに入らないかもしれないが・・・

 

ヴェルレーヌ詩集は、クラシック曲ではこれから想像を得て(?)作曲された曲がいくつかあるので、読んでおこうかと思って買っておいた。
前に必要な所だけ読んだのだけど、今回改めてよく見たら、この本は数人の訳者で成ってる本で、1つの詩を複数の人が訳してるものもある。解りやすい訳もあれば、美しくないのもあるし、意味不明なのもある。意味不明なのは言語が古くて解らんって感じ。だけど解りやすけりゃいいってもんじゃない。神秘性が損なわれるような気がする。
どだい、訳で読もうって方が間違いな詩集なんだろう。原語で読まなけれりゃ韻が解らない、味が解らないんだと思う。

人体メソッドは、4スタンス系だと思って買ったけど、あまり関係なかった。
ストレッチだと伸ばす事にがんばってしまい別の部分が筋肉疲れを起こしてしまう私には、こういうのがいいかもしれない。
ここ数日は毎日どれかやって緩めてます。

---------------------
ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 公開録画を見てきた | トップページ | 読譜が読書に入らない件 »

08-3.本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 公開録画を見てきた | トップページ | 読譜が読書に入らない件 »