« 解釈 | トップページ | ヘラー13番 »

2013年5月 4日 (土)

練習日記 今までのざっくりまとめとか

今までの練習経緯のまとめ。

2010年秋(だいたい10月頃) 約10年ぶりにピアノ練習復活。
ロレツが回らないかの如く指が絡まるし考えと違う動きをするので、まず脳からの指令を正しく処理できるようテキトーにたくさん弾いて練習。

2011年1月 だいたい考えと違う動きをしなくなった。無謀にも中級レベルの曲を練習。

2011年夏 無謀にもピティナに出てみた。先生方のアドバイスから読譜術のレベルアップの必要性を感じた。和声勉強の開始。

一応ざっくりと簡単に勉強を終え、練習する曲で和声解読を試みる。

2012年春 やっぱり簡単な曲からじゃないと解読できないわ + メトロノームを使う練習 を兼ねてチェルニー100番を一通り練習。(練習する曲はとりあえず和声読譜する)

2012年秋 続いてブルグミュラー25を、テキストに忠実に弾く事を念頭に練習。

2013年春 ブルグミュラー18を、自分なりの弾き方が出来るようにを念頭に練習中。
やっぱり理論(和声)の勉強が中途半端すぎると思って急いで、また勉強する。一応書きながら読破して自己満足した。一番重要と思えるのは「倚音」で、「倚音」を見抜くための勉強だった。

和声が書かれている本は3冊になったが、うち1冊が15年ほど前に買った理論書でこれを中心に勉強している。レッスンの時に和声の所で挫折していて、1/4も読み終わっていなかったのが、半分くらいまで進んだ。
きちんと飲み込めていないけど・・・^^; (進んで戻って、進んで戻って、とやらないと1回じゃ終わらないんですよ。(;´д`)トホホ… 読んでると眠くなるし・・・)

なんと!今年の秋になったらまる3年経ったことになる。
なんか・・・ 一昨年とあまり変わってないような気もするなぁ。

 

 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 

|

« 解釈 | トップページ | ヘラー13番 »

02-1.(P)練習日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。