« 一度覚えた物は直しにくい | トップページ | くだらない話ですが »

2013年4月 7日 (日)

ヘラー12番

前曲を録画してからちょうど一ヶ月。
同じ日に録画したのは意図的ではなく偶然ですが、なんとか録画しました。

この練習曲集のタイトルは「リズムと表現力のための」ですが、まさしくそんな感じの曲でした。

スラー、スタッカート、アクセントの練習です。
スタッカート有りと無しの混合和音にアクセントが付いているし、
スラーの終わりがアクセントで次はスタッカートとか、
3拍子が崩れてしまいます。

それぞれのアクセントの強さ、こんなあんばいでいいのなか、もう少しハデ目の方がいいんだろうかって迷います。
音楽記号は絶対的なものではなくそれまでの流れに応じて変化するので、どの程度なのかすごく迷います。
迷うあたり成長したな~と思います。(学生の頃の先生なら全て同じ音量で弾くよう指示したことでしょう)

もしかすると数年後弾いたら、全然違うものになるかもしれません。

ステファン・ヘラー op.47-12

 

 

 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 

|

« 一度覚えた物は直しにくい | トップページ | くだらない話ですが »

02-2.(P)練習動画」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。