« ブルグを考える~25-25 | トップページ | 古い録画を見た »

2013年3月19日 (火)

「>」

練習中の即興曲で、音符に「>」の記号がけっこう付いています。

こういう音楽記号などほとんどは、子供の頃に教わりました。
「>」は「アクセント」で、その音を強調するってやつですよね。
「この音だけ強調して」とよく言われたものです。
なので、いつもこの記号が付いている音は大きい音で弾いていました。

即興曲を弾いていると、本当によく出てくるので、そこの音をガツンと!
なんか変。どうも納得できないです。

まさか・・・
読んだ本の中に、確か、「>」はクレッシェンドの意味合いで書いてある場合もある、と書いてあったと記憶しています。

持ってたCDの中に2つ見つけたので、それと動画で好きなピアニストのも見つけたので、3人のピアニストの演奏を聴いてみました。

クレッシェンドして「>」が付いた音がMAXになっていました。

う~ん・・・
1音強調とクレッシェンド強調、見ただけで区別つけられるのか?

 

 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 

|

« ブルグを考える~25-25 | トップページ | 古い録画を見た »

01.ピアノ関連の話」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。