« ブルグを考える~25-23, 24 | トップページ | 「>」 »

2013年3月17日 (日)

ブルグを考える~25-25

ブルグミュラー25をやり直し練習しています。(初回参照
ちょいと思った事・考えた事・注意点や練習で気をつけた事などをメモ代わりに書いておくことにします。

ようやく最後の曲となりました。ばんざいヽ(´▽`)/

 

25.La chevaleresque [貴婦人の乗馬] (ハ長調: A B C A D Coda(かな?))

 タイトルを訳すと「騎士的な女性」という感じなので、そこから「貴婦人の乗馬」と変えたのだろう。女性騎士と言えばジャンヌ・ダルクだけど、それ的イメージは皆無。女性がドレス着のまま、お遊びで乗馬を練習している雰囲気に思える。
 ヨタヨタ乗馬から始まり最後には走れるようになったという感じ。
 先生から注意を受けた場所は2小節目(以後何度も出てくる)。「リズムに注意。雑にならないように」と自分で書いてある。前打音と16分音符が同じにならないようにという事だ。上手く区別出来ているか自信無い。
 CとDに三連符が出てきて、コーダでは16分音符の音階になる。Dのシンコペーションも、最初は8分音符、次に三連符となる。速度ムラに注意。こちらも自信無い。
 D(Aの繰り返しとコーダ音階の間部分)の左右にまたがる三連符は左手がメロディだろうと思って弾いた。昔はそう思いつかなかったような気がする。
 コーダの音階で、左手音階の最後の3度和音、同時に弾くために中指を思ったより奥に入れた。
 

 
 2013年03月17日録画 (最後クレッシェンドが足りなかった。所々なめるのが気になるなぁ)
 25曲のうちこの曲だけ「著作権で保護されてる」とか何とかのメッセージが出た。なんでじゃ~。

 

振り返って:
思ったより長くかかってしまった。
いろいろなタイプの曲があってなかなかいいぞ♪と思ったのは20番くらいの時。「帰途」が出てきて、あれ?と思ってブルグ25とブルグ18をパパっと見ると、ブルグミュラーさんは連打がお好き(T_T)
作曲家だって人間だもん。片寄りがあって当然だ。
初級本のこの本でさえ、なかなかうまく弾けないのかと思うとガックシだ。
でももうやらなーい。

 

注意)あくまで個人的意見であり、参考はご自身の責任でお願いします。

 

 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 

|

« ブルグを考える~25-23, 24 | トップページ | 「>」 »

02-4.(P)練習動画~ブルグミュラー」カテゴリの記事

コメント

動画見ましたよ。

いかにも貴婦人がお遊びで乗馬しているといった感じの、優雅でエレガントな音楽ですわね。おほほほ…。

作曲家にもそれぞれクセがありますね。
同じ作曲家の作品をいくつか聴いていると、「この作曲家のクセ見つけたど~!」という事がよくあります。
そういう時は嬉しくなって、ニヤリとしてしまいます。端から見ると、さぞかし気味の悪い光景でありましょう。

投稿: 九尾 | 2013年3月22日 (金) 19時03分

☆九尾さん

おほほほほ・・・・・

聴いてる最中に「ニヤリ」。
そりゃ他の人が見たら何でニヤリとしてるのか解らないから引きますね。

演奏者のクセってのもありますね。
姪がまだピアノを習っていた頃、付添いで行ったら、私に似てたんで真っ青になりました。
「悪い所が似る」とはよく言ったもので・・・

投稿: うーさん | 2013年3月22日 (金) 20時27分

この記事へのコメントは終了しました。

« ブルグを考える~25-23, 24 | トップページ | 「>」 »