« 予測 | トップページ | ブルグを考える~25-25 »

2013年3月17日 (日)

ブルグを考える~25-23, 24

ブルグミュラー25をやり直し練習しています。(初回参照
ちょいと思った事・考えた事・注意点や練習で気をつけた事などをメモ代わりに書いておくことにします。

さっさと終わらせたいという気持ちが強くなってきました。

 

23.Retour [帰途] (ホ長調: Intro A B A Coda)

 タイトルが無いと何を急いでいるか解らない曲ですが、タイトルのおかげで急ぎ足で戻る様子が伺える。
 が、急ぎ足で行けない・・・(;´д`)トホホ…
 こういう”速いテンポ”での和音連打は難しい。左右の打鍵が同じ連打なので、左右の手(腕)に同じ程度の技術が必要になる。私の場合、明らかに左手が劣っているので厳しい。指定テンポで弾こうとするとヘロヘロ、左右ガタガタ。気が付けば、左手が「アタシ右手さんほど出来ないから休む~」とか言って速度が落ちて行く。指定テンポは考えない事にしよう・・・。
 連打以外では、24→25小節目(cresc. assai から sf pp になる所)がポイント(先生に書かれている)。24小節頭から右手はクレッシェンドしつつ、左手シ→ミをアクセント付けつつスラーで、25小節目でsfから一気にppへ。性格にメリハリが無いため、弾くのも難しい。

 
 2013年03月16日録画 (現状精一杯のテンポ)

 

24.L'hirondelle [つばめ] (ト長調: A A B Coda)

 弾き難い曲が続きます。
 主要メロディーが跳躍音でしかも速いから、外し易いしコントロールするのが難しい。勢いで音を出すだけなら雑になるし。しかもゆっくり練習だとメロディーが歌い難い。右手を固定すると安定しやすいが、そうすると負担がかかるのでやめた方がいい。
 弾きだすとすぐに眠くなります。練習になりません・・・。

 
 2013年03月17日録画 

 

注意)あくまで個人的意見であり、参考はご自身の責任でお願いします。

 

 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 

|

« 予測 | トップページ | ブルグを考える~25-25 »

02-4.(P)練習動画~ブルグミュラー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。