« 読書で | トップページ | ヘラー9番 »

2013年1月12日 (土)

リズムと脈拍

読んでいると書き手への(あるいは内容への)プラスの考えとマイナスの考え(あるいは思い)が交互にやってくるものの、でも続けて読んでいます。ゆっくりと。。(いつ読み終わるの)

ちなみに~ 今読んでいるのは
 「ピアノ演奏芸術」(ネイガウス著、音友社) です。

まだ読み始めて間もないのですが、言い得て妙と思ったのがあったのでメモ。(本文の通りではない。勝手な要約。)

行進曲のようなリズムを除き、その他の曲のリズムはターミー(振り子)的ではなく脈拍のように。しかし、不整脈のような演奏よりターミー的な方がいい。

変なリズムを「不整脈」と表現してるのがウケました。
なるほど、脈拍はメトロノームのように一定ではないがそれに近い安定があり安心感があるが、不整脈になったら・・・。
いや、すごく解りやすいです。

本文では、メトロノームにきっちりと合わせた演奏を否定しつつ、崩れすぎたリズムよりマシという事を言っており、両極端にあるリズムはどちらも演奏としては×を喰らう。。
マテマテ、演奏者が不整脈の人だったら・・・ 演奏も不整脈みたくなっちゃうのだろうか。
と変な疑問が沸いてくる。
だってたまに脈が飛ぶし~・・・・shock 
リズム・コントロールだ! 私の脳がんばれ。。

 

 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村

|

« 読書で | トップページ | ヘラー9番 »

01.ピアノ関連の話」カテゴリの記事

08-3.本」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。