« 本-ピアニストの脳を… | トップページ | リズムと脈拍 »

2013年1月11日 (金)

読書で

とても納得のいく理路整然とした言葉(文字列)に「なるほど、もっともだ」と思ったかと思えば、次の瞬間にとても滑稽で空虚なものに感じてしまう。
結局は言葉は発する人の主観によるもので自己満足の一端であろう。
そう思うとそれを読んでいる自分も滑稽に思えてくる。
しかし、自分では言葉を羅列する事が出来ないのだから、やっぱり読んでしまうのだ。
そして同意したり感心したりする。
その繰り返し。凡人すぎるwww

|

« 本-ピアニストの脳を… | トップページ | リズムと脈拍 »

08-1.よもやま話」カテゴリの記事

08-3.本」カテゴリの記事

コメント

言葉ほど頼もしく感じるけど信用できないものって、無いですね。

言葉は発する人の主観によるものだけど、受け取る側の主観によっても解釈が様々に変わってしまうものでもあるし。

あたしゃ仕事では言葉より行動を重視するようにしていますが、ホント、口では立派なこと言う割に…という人の多いこと。
そういう上司を見ると、もうどんな立派な決意表明をしていても空虚で滑稽にしか見えなくなりまする。

(以上、私の主観コメント)

投稿: 九尾 | 2013年1月21日 (月) 19時28分

☆九尾さん

そうそう、思った通りに相手に伝わるとは限らないのですよね。
そういうちょっとしたすれ違いが面白いと言えば面白いけど、致命傷にもなりかねない・・・。
怖いから気を付けようと思っても、思ってるその場限りだし^^;

立派な事を言ってる割には・・・ なぁ~んて、第一人者は政党ですね。
言葉より行動重視、当然ですわね。
口先ばかりの上司には鳥のくちばしを模したマスクを着けてもらいましょう。

投稿: うーさん | 2013年1月21日 (月) 20時52分

よく考えたら(考えなくても?)、誰だって主観的にしか物事を見られないし考えられないのは当然ですよね。ようは程度問題。

一番困るのは、その点が自覚できてなくて、
「私は自分を客観的に見ることが出来るんです!あなたとは違うんです!!」
な~んて思っている、超主観的な人かも…。

投稿: 九尾 | 2013年1月24日 (木) 18時43分

☆九尾さん

そうね。他人の立場で考えても結局は自分の考えですもんね。
主張しすぎ、押し付けてるようなのはいけないですな。場合によりけりかもしれないけど。

心も体も柔軟性があった方がいいですね。

投稿: うーさん | 2013年1月25日 (金) 17時43分

この記事へのコメントは終了しました。

« 本-ピアニストの脳を… | トップページ | リズムと脈拍 »