« 調律日 | トップページ | 少しボヤけている方がいい »

2012年10月 5日 (金)

複旋律の曲

はて、複旋律の曲は っと・・・ と、シューマンの楽譜を眺めていると、どれも複旋律のような気もするし、なんか違うような気もするし・・・
バッハのインヴェンションやシンフォニアなら確実に複旋律と言えるのに~。
嫌いだし弾けないし。
バッハでやった事のある曲は、フーガ ト短調(たぶん)で、二度とやりたくないし。

嫌いがハッキリしている自分ってビバ!
何でもかんでも好きって事は、逆を言えばどれも大して好きでないって事だし、まして好きでもない曲を「いい曲」だのと言って誤魔化して弾くよりはいい。

そういう話じゃなくて・・・

たぶん前にも調べたと思うけどまたWikiで「ポリフォニー」を読んでみる。

・独立した複数の声部からなる音楽。
・1つの旋律を複数の旋律で奏でる場合は違う。(ヘテロフォニーと言う)
・西洋音楽ではそれぞれリズムが別の動きでなければポリフォニーとして扱わない。(対位法と被る)
・主旋律と伴奏の場合はホモフォニーと言う。

へぇ・・・

とにかく、歌+伴奏や輪唱や・・・!グループ歌手の歌みたいなのは複旋律と言わないって事ですね。
以上をふまえ消去法で考えるとシューマンのこれそうかな~と思って見た曲は複旋律でいいのか。
ガチガチコテコテの複旋律とは違うかもだけど。

もしかして、バッハが嫌い(好きな曲もあるよ)なのは複旋律だから?
でもシューマンは嫌いじゃない。
でも、バロックあたりの曲は避けてる所あるから、その路線はあながち間違いではないかも。
複旋律ってうざい(ぁ)。
数人のおばちゃんが井戸端会議でそれぞれ勝手にしゃべってる風?
考えただけで耳障り、うるさい・・・
もしかしたら、そういう事なのかも。

 

 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村

|

« 調律日 | トップページ | 少しボヤけている方がいい »

01.ピアノ関連の話」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。