« 血液検査だ | トップページ | 自分的改善点(チャィコ1月) »

2011年6月24日 (金)

残心

前の日記の続きではありません。
忘れないうちに書いておこうと思って。pen

 

この前TV(NHK)をつけたら時代劇の立ち回り振り付け師2名(殺陣師(たてし))と松方弘樹さんが出ていました。

お一方はリアリティーを重んじ、もうお一方は見る側の楽しさを重んじ、松方さんは役者としての見せ所を重んじているというお話がありました。

クラシック音楽の世界と同じですね。
どれが良いも悪いもないのです。
クラシック世界では、お互いを相容れない空気が往々にしてあるように思えます。
自分は正しい、アンタは間違ってる みたいな。それじゃダメじゃん。bearing

この3人は違います。
自分の道を確固として守りつつ、相手を尊重し 見る目が真剣です。きっと何か吸収すべき事があれば吸収しようという思いがあるのでしょう。
こうありたいものです。catface

この番組で印象に残った言葉が「残心」。
刀を振り下ろして終わりではない、切って終わりではない、心を離してはいけないというもの。
それが武士であり武術の心得であり日本人の心なのかもしれません。

 

手を離したら終り、ペダルを離したら終りじゃないんだよな~ と改めて思った次第です。

|

« 血液検査だ | トップページ | 自分的改善点(チャィコ1月) »

08-1.よもやま話」カテゴリの記事

10.覚書」カテゴリの記事

コメント

曲中でも、一音一音の切り方によって印象がグッと変わりますよね。

自分の演奏に関して思うのは、音を出すときは「こんな音」ってイメージして出すけど、指を離す時って、次の音の事考えてしまって、切り上げ方がどうも雑だな、と思います。

楽器も歌も、お習字も、もしかしたら料理だって、切り方や終わり方の綺麗さが、レベルの差に出るのかな、と。

良い週末を~★ミ

投稿: えまーる | 2011年6月25日 (土) 01時26分

終わり方の雑さが無くなればかなり違うものなるような予感が。
でも難しい~><

音楽とは間が大切、間の中に本当の音楽があるって言うけど、そこにも繋がるのかなと思います >残心

今日はお出かけです~

投稿: うーさん | 2011年6月25日 (土) 10時06分

こんにちわ。

「クラシック世界では、お互いを相容れない空気が往々にしてある」ありますね。…特に作曲家さん同士は仲が悪いのだな、と、あちらに入会してからよく分かりました。

でも、もしかするとクラシック界はそれで発展したのかも、とも思います。
改革派vs守旧派という構造は、個々の作曲家さんの考えは別としても、常にあるみたいですし(例・ワーグナー派vsブラームス派)、それでお互いに異なる方向性で切磋琢磨している…ようにも見えなくもないです。

「残心」ですか。
音楽に限らず、どこが終わりなのかの見極めが大切なのですね。いつも勉強になります。

投稿: 九尾 | 2011年6月25日 (土) 20時10分

(*゚▽゚)ノ

>お互いに異なる方向性で切磋琢磨している
なるほど、です。
お互い罵り合っていても実は認めているという訳ですね。
プライドが高すぎるんだな・・・w

残心、奥が深そうです。
TVを見てて「なるほど」とは思ったけど、私には説明が難しいです。

投稿: うーさん | 2011年6月25日 (土) 22時01分

deep people私も見てました。
先日の女性演歌歌手三人も同じ演歌を歌ってもみんな違うから
と尊重しあっていて、プロだなぁと思いました。

中途半端だと余計に批判、牽制しあうのかもしれません。

作曲家同士だけでなく、ソプラノ同士もあんまり仲は良くないかもしれないですよ。笑
特に女性ならではの、技だけでなく見た目からして認め合わない。笑

でも、男性は縦社会、女性は横社会と言いますよね。
男性は序列を重んじる、女性は同等を望む的な、、
音楽家は少々違うようですね。笑

九尾さん
あの名前を変えた人も退会された様子?ですか??
台風みたいな人でしたね。

投稿: Largo | 2011年6月25日 (土) 22時03分

あの番組「deep people」ってタイトルなのですね。
そっか、Largoさんの日記に書いてあった演歌歌手の番組だったね。

>女性は見た目から認め合わない
き、厳しい世界ですねσ(^_^;)

>中途半端だと余計に批判、牽制しあうのかもしれません
実は私もこっそりそう思ってました^^;


 
日記も消えてますね?

投稿: うーさん | 2011年6月26日 (日) 09時53分

「中途半端だと余計に批判、牽制しあう」…そういえば、ワーグナーvsブラームスも、ワーグナーの影響を受けた人達と守旧派(ブラームスは、反ワーグナー文書によく考えずに署名してしまったとも…)が、それぞれ大物作曲家を担ぎ上げて対立していただけの面もありそうですね。
ブルックナーという人なんか、お人好しのワーグナーマニアだったものだから、気難しいブラームスの対抗馬としてもってこいだった…なんて話を読んだこともあります。
本当だとしたら、そんなんで巻き込まれるなんて可哀想に…。

台風みたいな人の退会については、不可解な現象が起きたし、もしかして管理人が(珍しく)動いたのかも。

なんだかあまりの不甲斐なさに魔王に粛清されそうな雲行きで、面白そうな展開だったのに。(意味が通じるかな?)
ところで、ああいう場って明らかにおかしい言動をされても注意する人って少ないのですね。
実生活でもおかしいと思ったことについ抗議してしまうと、ロクな目に遭わないですからね。特に上司に意見すると…ぐすん。
今後は黙っていよう。

残心と無関係になってしまい、すみません。

投稿: 九尾 | 2011年6月26日 (日) 11時37分

うーんと・・・ たぶんあのSNSだから余計に誰も何も言わないのではないかと思います。
年齢層が高いせいもあるかな。
守りの人が多いんですよ。
年齢が高くなればなるほど保守的になるのです。
自分に火の粉が降りかからないように行動するのです。
それが「大人」とか「賢い」態度という見方もあるけど、発展性はあまり無いですね。悪いように捕らえれば「ずる賢い」でしょうか。
年齢がいくとプライド高いくせにずる賢くて保守的になる人が多いのです。
かと言っていい年してキレられてもねぇ・・・
本当の大人の態度は節度を持って落ち着いて対応できる人だと思います。

投稿: うーさん | 2011年6月26日 (日) 14時02分

例の方とのコメントバトルを見ていて、実はちょっと面白がっていたずる賢いえまーるです。

まさに自分に火の粉がふりかからぬよう生きています。
というか変な人に注意をできるほど、変人達に興味が持てないのです。
どうせ直らないだろうし、関わるくらいなら自分の好きな事にエネルギーを使った方がエコかなー、なんて。

学生とかだったら別ですけど、大人の場合は違います。
これまで優しい人が親切で助言しようとしてきたはずなのに、残念なことに直さなかったんです。
もしくは本人が直す必要を感じられないのです。

職場にて、私語がうるさい人に「気が散るから、ボリュームダウンしてくれないかな?」と言った事がありますが、見事にふて腐れられました。
でも数日経ったらボリュームは元に戻り、私への嫌悪感だけは残ったようです。
ベテランの先輩に愚痴ったところ、「きっと今までにも注意をされたけど、気にも留めずに生きてるのよ。直らないわ」と言われました。
そんなもんなんです。

それならば、狂犬に噛まれてしまった人の心配をした方がいいや、と思うようになり今に至ります。

投稿: えまーる | 2011年6月26日 (日) 17時59分

ずる賢く立ち回りたいと思っているうーさんです。
なかなかセーブ出来ない時があるので、そういう時はつい…
家族に「怖いもの知らず」と言われてます。
いつも対抗してたら命知らずになっちゃうしね^^;
無法地帯になるとそれはそれで酷い事になるしね。
その時の自分の気分と立場や状況次第ですね。

投稿: うーさん | 2011年6月26日 (日) 23時04分

えまーるさんは、例のおばさんとトラブルになった時、私のブログにコメント書いて下さいましたね。飛び火してしまうんじゃないかとビクビクしていました。

魔王閣下とのコメントバトル、私も面白かったのでもっと続けて欲しかったのに(他の方を巻き込まずに)、意気地なし!(ぁ

実は、去年からコッソリ思っていた事なのですが、魔王閣下はリトマス試験紙みたいなものなのかも。
あの人の不思議コメント(明らかな中傷や、震災の時の無神経コメは別として)にどう対処するかでどんな人なのか分かるな~、と。
大したこと無いのにヒステリー起こしちゃった人は、結局御自分も狂犬でしたし。
気にせず会話出来る人や、適当にあしらえる人、スルー出来る人は大丈夫ですね。
変なコメされて面白がってしまう私は…Mデスネ。(ぇ

どんなことも最後まで目を離してはいけない…トラブルでも同じかも。

投稿: 九尾 | 2011年6月26日 (日) 23時23分

スルーが一番良いのでしょうけど、今回も前回も九尾さんのビシッとした発言は、胸がすーーーっとしました。

例のおばさんも今回の台風の人も、本当に友達いないんだろうなって思います。ネット依存が尋常じゃないですもんね。

マナーって難しいとは思うけど、自分がされて嫌なことを人にはしないって、なかなか出来ないものなのでしょうかね?

今日帰りの電車で座席の一番端のドア側に座っている女性が肘掛から肘を出していて、ドア前に立っていた私が揺れて彼女の肘に当たったら、思いっきり肘で押されました。
すみませんと謝ったけど、良く考えたら、何故不自然に肘を出してる??笑

些細な事だけど、ちぇって悔し悲しい気持ちと怒りを覚えながら電車を降りました。。。

投稿: Largo | 2011年6月27日 (月) 21時57分

肘女、ACのCMできますね。
それに、歩いている時は自分からぶつかっていきそうw

そういう事があるとなんだかモヤモヤイラッとしちゃいますよね。
そんな時は風ちゃん達の寝顔を見て癒されて^^

投稿: うーさん | 2011年6月27日 (月) 23時33分

この記事へのコメントは終了しました。

« 血液検査だ | トップページ | 自分的改善点(チャィコ1月) »