« 完結した? | トップページ | 恥ずかしいですが… »

2010年12月16日 (木)

エリーゼ練習中

音楽の勉強は中学で終わってます。
高校は選択教科で、じゃんけんで負けて美術になったのでw (結果的に良かった) 

前にレッスンに通ってる時、仕事帰り~レッスン開始までの時間を利用して、薄っぺらい楽典の本は読んだ。読んだ・・・ 記憶に残ってるかどうかは別!
普通の小説並の厚さのハードカバーの「音楽の理論」って本の最初の方を読んでいるうちにレッスンが終わった。
ピアノ教室では理論書を使って勉強なぞしない。
つまり、ほとんど理論知らなーい\(^o^)/

・・・・・

「エリーゼのために」は、なんと、習う前から知っていたという数少ない曲の1つ。
姉が弾いていたから。。。

中学生の時に、いつになったらエリーゼが出来ますか?と聞いたら、「あら、やってなかったっけ?」
crying ずっと心待ちにしていたのに・・・。
遅いエリーゼ・デビューでした。

高校卒業する頃、弾いてみたら、思ったように弾けない。むっ・・・。
「しばらく弾かなくていいや。」

レッスンを再開してから何度か試したけど、やっぱり弾けない。
きっと、子供しか弾けないのよ!(T_T)

調律師さんが修理前の診断に来てくれた日、練習時間が無いので「エリーゼのために」だけを試しに弾いてみたら、弾けるじゃないですか!?
しかも、楽譜も見ないで最後まで間違わずに!
どうなってるんだ??

まぁ、いいや。

 

そして、わざわざヘンレ版の楽譜を買ってエリーゼのためにを練習中です。
楽譜を見直してゆっくり練習。
1つ音を間違えて覚えてましたorz (*ノ▽ノ)

イ短調のこの曲、出だしからレに♯がついてて、なんで?
イ短調だから、♯はソやラに付くなら解る。レ♯・・・ なぜ?

もしかすると「音楽の理論」の読んでない部分に答えがあるのかもしれない。
でも先が長くて、読み終わるのに何年かかるか・・・(大げさ)

レに♯がついてる理由なんて、きっとないさ・・・(感覚第一)(ヘルメットのアイコン欲しい)

あと、ずっと弾けなかったのに、どうして弾けるようになったのか、不思議。
♪弾かない期間が~ 愛育てるのよ~ (ひろみGO-の歌より)

それと、ベートーヴェン40歳の作品だそうで、きっと大人の曲!

そぅ、実は調律師さんが来た日に弾いた時、結構スローテンポで、よく聴く子供の演奏とは違っていた。
スローテンポでベートーヴェンが昔の恋話に思いを馳せてるようなイメージで弾いたらしっくりきたので、その路線で練習中。

私のエリーゼのためにはアブノーマル!(かな)

【追記】 2014/03/04
 理論の勉強が一通り終わって、レ♯は和声外音と解りました。

|

« 完結した? | トップページ | 恥ずかしいですが… »

01.ピアノ関連の話」カテゴリの記事

コメント

「エリーゼのために」
私もピアノを再開した時、これだったら弾けるはず!(゚∀゚)と思い、子供の頃の楽譜を引っ張って来て玉砕しました。
楽譜には、合格した日付と、先生からの暖かいメッセージが添えてありました。
「えまーるちゃん、よく頑張って弾けるようになりましたね。大人になってからも忘れないように、時々思い出して弾いて下さいね」と書かれてました。
それなのに、全然弾けなくなってしまって申し訳ない気持ちになったのを覚えています。

さて、エリーゼですけど、元々は「テレーゼのために」という題だったという見解がありますよね。ベートーベンの悪筆が故、誤解されたまま広まってしまったと。

レに♯の件ですが、この冒頭が「THERESE」というお名前のモノグラムなので、あえてのレ#という説もあるのですよ。

「THERESE」のスペルのうち、Eはドイツ音名で「ミ」で、Hは「シ」です。

T ミ シ R ミ S ミ

次にRをイタリア音名「Re」とし、
Sを「ES」=「Dis」と置き換えてみると

T ミ シ レ ミ レ# ミ

逆さに入れ替えると

ミ レ# ミ レ ミ シ T

冒頭部のこの部分、ベートーベンがテレーゼに呼びかけているように考える事もできるのです。
40歳のベートーベンが、18歳のテレーゼさんに求婚したとかなんとか、資料で読んだ気がします。(家に本があると思うので、もう一回読み直してみます)

ちなみに、ベートーベンに関った女性でもう一人テレーゼさんがいます。
そちらの方に献呈されたソナタ#24を現在練習中です。
こちらもロマンチックでステキな曲です。

大人が弾くエリーゼ、聴いてみたいです!
仕上がったらぜひ動画UPして下さい(-人-)

投稿: えまーる | 2010年12月16日 (木) 13時47分

す、すごいですw(゚o゚)w
レ♯、そんなすごい理由が!
そんなこと、楽譜見ただけで解る人、探偵になれるよ!
絶対とは言い切れないとはいえ、有力な説を教えてくれてありがとうhappy01
なんか視界がすっきりした気分。

テレーゼ説はよく聞きますね。
でも、18歳だったのか・・・
ろ、ろり・・・
いや、当時の18歳は大人びてるか。

動画はそのー、仕上がったらね・・・。

ソナタの練習がんばってください。
暗譜もするのですか?

投稿: うーさん | 2010年12月16日 (木) 20時41分

そうなんです。
証明できないとはいえ、そんな説を知って楽譜を見ると楽しくなったりしますよね。
原田 宏美さんという人が書いた、「ベートーヴェン ソナタ・エリーゼ・アナリーゼ!―名曲と仲良くなれる楽曲分析入門」の中のコラムに書かれてました。
アナリーゼの入門用として買ったんですけど…
今まで持っていた事すら覚えていませんでした…
_| ̄|○

エリーゼの記事を書いて下さってありがとうございます!もう一度この本を読んでテレーゼに取り掛かろうと思います。
多分暗譜まではしないと思います…
まだまだ弾きたい曲があるので、サクサク次へ進める方針で、有名どころを一通り終えたら、二回目で詰めて行こうかという作戦です。

ベートーベンは、ちょっとロリ?と私も思いました。
洋の東西を問わず、男性は若い女性がお好きなのですかね‥( ̄▽ ̄;)

投稿: えまーる | 2010年12月16日 (木) 22時44分

名曲探偵えまーるさんの御登場ですね!

作曲家が音楽の中に暗号を隠す事ってよくあるんですかね。ショスタコーヴィチの例が結構有名かな?

暗号とはちょっと違うけど、ヴォーンウィリアムズのピアノ協奏曲に友人の作曲家バックスの交響曲が引用されていたらしいのですが、バックス御本人に気付いてもらえず(トホホ)、後に削除したとか・・・。切ない。


「洋の東西を問わず、男性は若い女性がお好きなのですかね」
・・・・・う~みゅ、職場にもがきんちょアイドルの話題で喜んでいる男がいましたが、私は好きではないな・・・。

投稿: 九尾 | 2010年12月17日 (金) 22時26分

>えまーるさん
その本、買おうかな・・・。
エリーゼのために、難しくて弾けない(ノ_-。)
弾けば弾くほど弾けなくなるって・・・orz
もっと無意識に弾かないとだめなんだろうな。
動画は何時までたっても無理かも。


>九尾さん
ショスタコさんも暗号を入れているんですか。
それって説ではなくて本人が言ったのかな。

ピアノ協奏曲、気がついて貰えなくて可愛そうですね^^;
バックスさんが気がついたらそのままにしてたのだろうか。

「がんきんちょアイドル」
あえて誰とは聞きませんが、アイドルに限らず幼児化してますよね。
九尾さんは、ロリ気はないっと φ(..)メモメモ

投稿: うーさん | 2010年12月18日 (土) 19時24分

作曲家が暗号を入れるのは珍しいことじゃないみたいですね。(素人の私には解読できないのが残念ですが)
ショスタコはただでさえ難解な曲調なのに、暗号なんて隠されても探しにくそう!ヽ(-@∀@)ノ

BACHというスペルも音に変換できるのです。
シ♭ラドシ
音楽家バッハはこの事を誇りに思っていたとか…
特にBの調性には思い入れあるのかな?と弾いていて感じることがあります。

うーさん
この本、初心者がアナリーゼに拒否反応を示さないよう、文体が子供向けっぽいです。その子供向けの内容でも理解できない自分が情けないのですが(゚ε゚)キニシナイ!!

九尾さん
ロリ気がない事が判明して何よりですね!!
「がんきんちょアイドル」、人数が多いグループのことかしら?
写真を買うと握手券がもらえるとかで、売上金が凄いみたいですね。1000万円くらい使った男をテレビで見ました。
恐ろしい…

投稿: えまーる | 2010年12月18日 (土) 22時25分

バッハッは、こんにちは。(←あほ)

ショスタコさんはバッハのBACH音型に倣ってDSCH音型(ドミトリ・ショスタコーヴィチの略)を頻繁に使っているみたいです。
他にも、別の作曲家の曲を引用してスターリンへの皮肉を込めたりしていたと言われています。
・・・まぁ、本人がそんなこと言ったり、誰にでも分かる方法だったらシベリア送りか銃殺刑が待っていたと思いますけれども。(怖っ)

「がきんちょアイドル」、人数がやけに多いみたいですね。
「OOのOOちゃんって可愛いよね~」と話している同僚がいて、何のことやらサッパリだったので調べてみたら女子高生(中学生?)の集団みたいなグループだと知りました。
興味はないけど、彼女達の将来がちと心配にはなります。

投稿: 九尾 | 2010年12月19日 (日) 13時12分

こんにちは(∋_∈)
ただいまイベント消化中の私です。
もう聴くのも歌うのもヤダーって気持ちをぐっと抑え(笑)日々奮闘してます。
今日は生徒の発表会でした!声楽科以外は微笑ましく聴いてましたが、自分の生徒の時は、自分以上に緊張しました。笑

ショパンのバラード三番を弾いたシャツにジーンズの男の子が可愛かったですよ!あれ?ジャニーズ追っかけみたいな発言でしょうか(-o-;)笑
バラード三番が好きだから余計かっこよく見えたのやもしれませぬ。

エリーゼは私が中学生の時、音楽高校の主事の先生に聴いて頂きピアノ科では「無理」と確定して頂いた記念の(笑)曲です。

となんだか闇雲にコメントしまして、ごめんなさい。また来ます。

投稿: Largo | 2010年12月19日 (日) 17時12分

アナリーゼも出来ないのに暗号まで・・・ あまり考えない方が私の脳にはよさそうです^^;

音楽家だけに、名前を音に変えるんですね。
日本だと数字に置き換えるのはよくあるけど。(私の名前でできないけど)
探偵物だと、アルファベットの順を入れ替えて別の単語にするのがありますよね。

他の作曲家の曲を部分的に引用って、バレたら今なら著作権で多額の賠償金をとられそう。
でも、バレないってことは、相当解りにくい入れ方だったのでしょうね。

握手券でそんなに・・・@@;
1回1万円で私が握手しましょう!(誰も来ないって?そうね…)

>九尾さん
「彼女達の将来がちと心配」
なんか、お父さん的発言・・・。
1万円で握手しますよ?(まだ言うか)


>Largoさん
イベントお疲れ様です。
他の科も一緒に発表会なんですね。楽しいかも。
最近の子供は難しい曲を弾きますね~(私が出てた発表会のレベルが低いのかも…)
可愛いと思うのとジャニ追っかけは別物かと。


エリーゼ、結構難しいですよ。
簡単というか、シンプルな曲を素敵に弾くのって難しいと思います。

投稿: うーさん | 2010年12月19日 (日) 20時15分

>Largoさん
Largoさんのブログへのリンクをサイドメニューに貼ってもよいでしょうか?


>えまーるさん
えまーるさんのブログ内容について、たまにこちらで取り上げてもよいでしょうか?

投稿: うーさん | 2010年12月19日 (日) 20時33分

うーさん
リンクの件もちろんOKです。むしろありがとうございますm(__)m
今回の発表会は大人の生徒さんばかりなので、割と難しい曲演奏しますが子供より暗譜率は低いですけども。笑

バイオリンで「ラダトーム城」「冒険の旅」を演奏された方がいました。これゲームの音楽なのでしょうか。選曲も色々で楽しいですけど、やはり講師のカラーが出ますね(^_^;)

投稿: Largo | 2010年12月19日 (日) 23時25分

>Largoさん
ありがとうございます。早速リンク貼りました。

その曲、ドラゴンクエストの曲みたいですよ。
人気ゲームは楽譜が出ますからね~。
アニメみたいなものですよ。

発表会お疲れ様でした。

投稿: うーさん | 2010年12月19日 (日) 23時57分

Largoさんのところの発表会、色々な音楽が聴けて楽しそうですね♪
ずーーーーっとピアノだと、やはりお客さんも飽きてしまうでしょうし、
生徒さん側も、「もしかして私って、バイオリンがやりたいのかも?」という気づきを促すきっかけにもなりそうです。

うーさん
音の並びがシンプルで簡単そうにに見えるほど怖いんですよね・・・
下手なところがバレバレで、ペダルとか雰囲気で取り繕えない…
モーツァルト怖い(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル
モーツァルト怖い(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル

私の変な日記で良ければいつでも取り上げて下さい。
そうだ、ローゼンメイデン落札しました。
8巻+2巻(なんかおまけ?)で1600円でした。到着が楽しみ(*^m^*)

九尾さんは来年はいくつバレンタインチョコ貰えるかしらー?(*^m^*)

投稿: えまーる | 2010年12月20日 (月) 12時53分

そうそう、雰囲気で取り繕えないんですよね・・・


8巻? もしかすると最初に出たコミックかも。
私が持ってるのは再販された7巻のタイプです。
コミックのサイズが違うんですよ。
私のはお人形のカラーイラストやポストカードが付いてるちょっと大きめのサイズのです。
巻いた世界の7巻のあと、巻かなかった世界のが4巻です。
1冊あたり160円ですか。安いですね。
到着が楽しみですね。

投稿: うーさん | 2010年12月20日 (月) 21時05分

うーさん、リンクありがとうございました^^

ドラクエの曲だったんだ!

シンプルな曲って歌うのも難しいからピアノと同じですね。
でも、聴く側は意外に耳馴染みのあるシンプルな曲が聴きたかったりしますもんね。

先日テレビで日本音楽コンクールの本選模様を放送してましたが
声楽家の1人が「前回は自分がこれだけの勉強をしてきました。という専門的なものばかり歌ってしまいましたが、今回はお客様がどれだけ楽しめるものかどうかを考えて選曲致しました」とお話されてて、本当そうだなーと思いました。

えまーるさん
そうなんですよ。
色々な楽器を聴けるのは本当に楽しいです。
77歳の女性の方がヴァイオリン始めて、発表会も初出演ですと仰ってました。素敵でした♪

講師がステマネみたいに楽譜を運んであげたり、椅子の高さまで調節してあげたりするタイプもあれば、私みたいに客席でドキドキワクワクしてるタイプ、もはや発表会に来ない、、、(きっと)来れない講師(笑)など、色々な人がいて、裏模様もさまざまでした。

投稿: Largo | 2010年12月21日 (火) 11時51分

77歳でヴァィオリン!! すごいですね。
それでも音を出せるようになるんだ~。

生徒の立場でしか発表会に出たことがないけど、先生の立場だと違う感覚で参加できて面白そう。

投稿: うーさん | 2010年12月21日 (火) 16時03分

素敵なお婆ちゃまですね(´ー`)

いくつになっても、新しいことに挑戦できるお年寄りになりたいな、と思います。
私は一度バイオリン挫折してますが…他の楽器もやってみたいです。

実際のところは、ピアノ一つでさえ時間が足りないのですけど(゚ー゚;Aアセアセ

投稿: えまーる | 2010年12月21日 (火) 22時54分

楽器が出来るって憧れますよね!
私、中学で吹奏楽部だったんですけど
最初はフルートがやりたかった☆

あては外れてパーカッションでしたが。笑

投稿: Largo | 2010年12月22日 (水) 16時30分

この記事へのコメントは終了しました。

« 完結した? | トップページ | 恥ずかしいですが… »