« トルコ行進曲 | トップページ | 湿気は大事だよ~ »

2010年11月29日 (月)

モーツァルトの効果

この前、映画の帰りに玉○堂に寄ってふらふら。

カイ君(お父さん犬)が表紙にどーんとあるCDを発見!
中身はっと・・・ モンタ家とキャピ家(←略)などCMで使われているクラシックの曲でした。
なんと、お父さん犬のシール付き!
気持ちグラッ・・・。
かわいいしCMは面白いけどCMの趣旨が嫌いなのでスルー。

目をちろりんと泳がせて見ると、ドライアイ・ドライマウスの音楽療法のCDがありました。

乾燥の季節、喉が渇きます。目も疲れています。

これってどうなの?と思いつつ買ってみました。
中身はモーツァルトの曲が7つ。
音楽療法用に録音したと書かれています。

なぜモーツァルトなのかというと、
モーツァルトの曲には4000Hz以上の高周波数が豊富に含まれていて、これが脳への神経系を刺激し免疫力を高めるリンパ球を活性化させる効果があるから、
ということらしいです。

1回聴いてみました。
途中で寝ちゃいました。(ォィ
効果のほどは解りません。
まぁ、1回くらいじゃね・・・^^;

同時に買ったのがモーツァルトのオルゴールセレクション。2CD。
オルゴールの音でって書いてあったのでちょいと欲しくなったのです。
聴きながら、なんか・・・パソコンで作れるじゃん?(ソフトがあれば)

今月はCDを買うつもりは無かったのに。

 

 

話は変わりますが、

佐渡さんが語るバーンスタインの番組を録画したものを見終わりました。

ためになりました。
どこがと聞かれると困ります。
でも、そうですね・・・ 例えば、日本人だけが特別に持っている「能」に通じるとかなんとか・・・。すいません、記憶があやふやでした。

|

« トルコ行進曲 | トップページ | 湿気は大事だよ~ »

04.音楽に関する話」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。